水泳

クロールが上達するトレーニング法

2017年3月25日 (土)

クロールは息継ぎの回数に決まりがありません。

基本的には2回に1回のペースですが、速く泳ぎたい時、長距離を泳ぎたい時、自分の体力などでも息継ぎの回数は違ってきます。


そこで、練習の時に両サイドで息継ぎをする練習をしてみましょう( `ー´)ノ

 

3回に1回や、5回に1回息継ぎをすることで、左右で息継ぎをすることとなります!!

 

両サイドで息継ぎをすると、左右均等に筋肉を使うため、首や肩が疲れにくくなるというメリットが✨

 

 

さらに!!

 

競泳の試合などでライバルなどが隣にいた場合、相手がいる方で息継ぎをすることで、常に相手を確認しながら泳ぐことが出来るので、競った時などに有利なのです\(^o^)/

 

ぜひ皆さんも試してみて下さい♪

スタッフ

松尾 彩果まつお あやか

2階)テニス・バドミントン・卓球・水泳

「松尾彩果」はこんな人!! 【自分を一言で表現すると…】 おっとり 【好きな言葉/座右の銘】 為せば成る 【一番好きなスポーツ】 水泳 【今一番やってみたい事/ハマっている事】 やったことはないですがダイビングしてみたいです!

「松尾彩果」はこんな人!! 【自分を一言で表現すると…】 おっとり 【好きな言葉/座右の銘】 為せば成る 【一番好きなスポーツ】 水泳 【今一番やってみたい事/ハマっている事】 やったことはないですがダイビングしてみたいです!

ホームへ