バドミントン

サービス成功率が10割に近づくラケット

2019年9月16日 (月)

FIERCE CX9000J CV



 

【松友美佐紀選手使用モデル】

掌となるグリップ部分に新たに搭載した“カウンターヴェイル”が身体の生み出す僅かな微振動を除去し、シャトルをより繊細に正確に捉える。

新シャフト内部構造“EX-ZONE”が腕の肘のように稼働必要域を確保し、しなりに変化を与え、しなやかさと安定性を!!

松友選手が全てを託し共に歩んだFIERCEの最終形態。


 

 

■COUNTERVAIL BODY CARBON FRAME


 

【掌となるラケットを目指して】

掌部分にカウンターヴェイルを搭載することで人体が生む僅かな微振動を鎮め、シャトルを捉えるラケット全体の無駄な振動を抑制。

ラケットヘッドまで絶対的な正確性能を拡張することでシャトルコックへ伝達することを可能にする。

 

■HIGH PERFORMANSE CARBON FIBER+CONTROL X GEOMETRY


 

【フレーム左右の外方向2箇所にハイパフォーマンスカーボンファイバーを配置】

優れたコントロール力を持つフレーム形状でありながら、ソフトフィーリングを保ったコントロールフレームに対して外方向のブレをシャットダウンし、面安定性を向上させる効力を担う。

柔軟性を残しながらより精密で精度の高い配球を可能とする制圧力を有したフレーム構造が実現した。

 

■SPIDER SILK


 

【シルク界のエリート。世界で最もタフで軽い新素材】

超軽量・柔軟でありながら驚異的な強度を誇る、世界で最もタフな最強繊維。

ヘッドフレーム360°にカーボンレイアップする過程で、重ね合わせたスパイダーシルクを敷き詰めることにより、インナーアーマーを纏った“芯”から強い理想的な鎧武装を施した新フレームを実現。

 

■STABLE WRAP WITH BRAID


 

強度を高める新構造となったジョイント形状に、ブレイデッド製法のグラファイトを採用することにより、高い強度もしなやかさも兼ね備えた新ステーブルラップが誕生。

 

■LIQUID CRYSTAL FIBER


 

【高い衝撃・振動減衰性能と最高の打球感を生みだす新素材】

液晶ポリエステル素材を用いたリキッドクリスタルファイバーが振動減衰性を飛躍的に高め、クリアーな最高級の打球感を演出する。

 

 

掌となるラケット、

それはサービス成功率が10割に近づくラケット。

スタッフ

有木 愛菜ありき えな

ホームへ